FC2ブログ
終戦の日を迎えて思うこと

まず、終戦の日と終戦記念日という呼び方、


わたしからすると非常にどうでも良くて


どっちで呼んでも同じだと思っています。




そして、この日自体がいらない。




なんて言うと、恥知らず!と怒られそうですが





わたしとしてはせめて「敗戦の日」


という呼び方に改めた上で


この日に靖国神社に行くことをやめてほしいのです。




靖国神社に眠るのは、


この国の勝利を願い散って行った命です




軍人として、この国の勝利のために命をかけた人たちの魂が


敗戦した日に慰めてほしいと思っているでしょうか?




全くそんなことはないはずです。




一億玉砕の覚悟で戦った人たちを


敗戦した日に慰めようなんてのは


この上ない失礼なのではないでしょうか?




そんな思いから、私は8月15日の靖国参拝をやめました




終戦記念日なんて言うな!と怒りながら


敗戦した日に靖国参拝してしまっては


それこそ記念日のイベント行事として捉えてるのと同じことだと思います。




しかし先の大戦では、軍人だけでなく


一般の方も沢山犠牲になっていますので


正午の黙祷だけはさせていただきました。




そんな私の敗戦の日への思いでしたo(・x・)/

[2019/08/16 21:52 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |